トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【古紙問屋大手3社座談会】業務提携から1年、進捗と方向性を語る
目標シェアは3割、共同ヤードも視野に

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2010年4月5日 880号

3月5日、北海紙管・宮崎・大本紙料の3社長と実務担当の3者による座談会を宮崎本社(愛知県清須市)にて開催。

大手古紙問屋の北海紙管(本社・北海道、長谷川裕一社長)、宮崎(本社・愛知県、梅田慎吾社長)、大本紙料(本社・兵庫県、大本知昭社長)が共同仕入れなどを目的とした業務提携を昨年4月に発表してから1年が経過した。

全国エリアを対象にした回収網を構築することで、ワンストップによる営業活動を展開するとともに、市場シェア拡大による仕入れの安定化を図っている。これまでの3社の業務提携による具体的な取り組みや、今後の展開も注目される。今回、3社の社長と実務担当者に参集いただき、提携による具体策や今後の方向性を語ってもらった。

座談会内容

Q1.業務提携で全国エリアの集荷が可能になったが、それぞれの地域性をどう見ているか。

Q2.中部地区では無人回収型のヤードが増えているが。

Q3.西日本についての概況はどうか。

Q4.業務提携の発表後の具体的な取り組みについては。

Q5.3社で共同販売をすることはあるのか。

Q6.商社的な機能を強化することは。

Q7 業務提携によるこれからの展開などにも一言。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top