トップページ > 古紙ジャーナル バックナンバー >

古紙ジャーナル バックナンバー

【大本グループ】旭宝紙業・4ヵ所目のヤード、南大阪で攻勢
大阪ツルヤ・残紙と新聞販売店回収がメイン

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

2011年1月31日 920号

日本古紙パルプの第1号ヤードは旭宝紙業・岸和田営業所

活発にヤード展開を進める大本紙料㈱(本社・神戸市、大本知昭代表取締役)。昨年だけで五ヵ所の新規ヤード(合弁や提携含む)がオープンし、今年も同様に新ヤードの開設が相次ぐ。今月には、大本紙料と上野紙料の合弁会社であるビッグアップの本社ヤードが兵庫県明石市にオープンする。

春ごろには兵庫県丹波市と奈良県内にも新規ヤードをオープンする計画で、全国の古紙問屋の中で最も積極的な投資だと言えるだろう。本紙は、昨年末に大本グループの新ヤードである日本古紙パルプ(旭宝紙業)・岸和田営業所と大阪ツルヤ・本社工場を見学させてもらったので、レポートしたい。

日本古紙パルプ・岸和田営業所は旭宝紙業が管理

既報のように、日本古紙パルプは南都ホールディングと大本紙料の合弁会社で、資本金は9,000万円で各50%を出資。代表取締役は谷幸児氏と大本明秀氏の2人。本社は南都興産の大阪支店内(大阪市北区天満)に置いている。この日本古紙パルプの第1号ヤードが岸和田営業所で、昨年12月1日にオープンした。

日本古紙パルプの岸和田営業所(大阪府岸和田市新港町5ー3、TEL072-430-5118)は実質、大本グループである旭宝紙業・岸和田営業所で、業務管理全般を旭宝紙業が行う。旭宝紙業の右松常務が常駐し、南大阪から大阪市内にかけて営業攻勢をかける。旭宝紙業としては4ヵ所目のヤードだが、割と近隣に泉佐野営業所があるので、両ヤードをどう使い分けていくかが今後の課題だと言えるだろう。ちなみに泉佐野営業所は2年前に開設した。

昭和63年に創業、大阪北部を拠点に

旭宝紙業は門真市で昭和63年に創業した。その後、平成16年に鳥飼営業所(摂津市)、平成20年に泉佐野営業所(泉佐野市)を順次オープンさせている。本社の門真営業所では自社回収の比率が高く、機密書類の処理設備も有する。対照的に鳥飼営業所と泉佐野営業所では回収業者の持ち込みが多い。また鳥飼営業所では廃プラの破砕処理や発泡スチロールの減容機を導入するなど、古紙以外の分野においても設備を充実させている。

このように同社は大阪の北部が営業の拠点だったので北部には精通しているが、大阪南部の進出は2年前からになる。岸和田や泉佐野だけでなく、堺や大阪市内の扱いも今後増やしていきたい意向。

発泡スチロールのリサイクルは増加傾向

昨年12月1日にオープンした岸和田営業所は、準工業地域に位置し、高速道路のインターにも近く、堺市や大阪市内、和歌山にも至便な立地。敷地は六百坪で、渡辺鉄工製の200馬力ベーラーと、同じく渡辺鉄工製の紐取り機付き選別ラインを設置している。また、鳥飼営業所に設置しているのと同じ発泡スチロールの減容機を設置している。これは山本製作所のもので、1時間あたり50キロの処理能力。大阪府下でも焼却場に発泡スチロールの持ち込みを禁止する自治体が増えてきており、今後はより一層、発泡スチロールのリサイクルが促進されるものと思われる。

南大阪でナンバーワンに

古紙は現在のところ全量持ち込みに頼っているが、ある程度扱い量が増えれば回収車両を順次導入していく。旭宝紙業の右松常務は「扱い量は月間3,000トンを目標にやっていく。大阪の古紙回収はまだ増える余地がある。これまでのノウハウを活かし、大本グループと南都興産グループとの繋がりも活用しながら、回収量を増やしていきたい。将来的には南大阪地区でナンバーワンを目指したい。」と語る。

昨年9月に大阪ツルヤのヤードがオープン

大阪ツルヤ(大阪府八尾市弓削町南2-141-15、TEL072-948-7777)の初めてのヤードが昨年9月1日にオープンした。敷地は650坪で、そのうち工場建屋は450坪。準工業地域で以前は建具屋の倉庫だった。設備は50トンスケールと東京自働機械製の150馬力ベーラーを設置。工場内に回転リフト1台とクランプリフト2台の合計3台を置いている。車両は4トン車が14台、軽トラックが8台、2トン車が4台、10トン車が1台、パッカー車が1台で計28台を保有している。工場入口の2ヵ所にカメラを設置し、スケールと工場内部をカメラ越しに見て車両に指示を与えることができる、

見学当日も回収車両が次々と工場に戻ってきていたが、どの車両も選別をしながら降ろしていたのが印象的だった。白物やPPバンドや紐や袋をすばやく取り除いて個々の回収カゴに入れていたが、このような効率を上げる作業が徹底されている。一手間をかけることで作業効率が上がり、選別ラインを置かなくても十分に選別できるとのこと。

※当WEBサイトに掲載している記事・データは本紙掲載記事の一部です。本紙面には詳しい概要も掲載しています。見本紙をご希望の方には1ヵ月間無料でお送りしておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こんな記事も読まれています

どうぞお気軽にお問合せください

(有) 古紙ジャーナル社

TEL:0742-72-1798 FAX:0742-90-1461

メールアドレス:info[at]kosijnl.co.jp ([at]を@に変えてお送りください。)

  • TEL:0742-72-1798
  • FAX:0742-72-1810 印刷用PDFを開く

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top